野外料理列伝

サイトマップ
野外料理列伝のTOPに戻る

スポンサード・リンク

ダッジオーブンで作る野外料理

■2001年10月
「鍋奉行」VS「焚き火奉行」の豪華野外料理バトルの、はずだったが、この人数でまともに料理バトルをやったら食べきれないじゃないか。こうなれば、ダッジオーブン料理ができるまでの間、酒のつまみにちょこっと鍋を作って、鍋奉行の大役を果たし、後はひたすらダッジオーブンにすり寄ってしまう作戦に出てしまおう。そんなわけで、今回は作る側から一転、ひたすら食べる側に回り、いつになく楽を、しかもおいしい思いをした。

アウトドア料理の代名詞「ダッジオーブン」

こだわり派のアウトドアずマンには欠かせないダッジオーブン。当然だがこの鍋は鉄の塊なので重たい。輪行ではるばる遠方より駆けつける焚き火奉行様は言った。「持っていきたいけど重くて持っていけないのだ」。
「しからばこの私、鍋奉行が代わりに運びましょう」と、事前に奉行所から我が家にダッジオーブンを送ってもらうことにした。焚き火奉行様愛用のダッジオーブンはこうして、車で現地へと持ち込まれ、今回の豪華宴会が実現した。

野宿の夜野宿の夜

メインは、いきなり牛肉の固まり700gのロースト。
奉行所で手厚くシーズニングされた牛肉は、自転車のサドルバッグに入れられ、十石峠を越えてきた。こいつをダッジオーブンでじっくり焼き上げる。
牛肉の次にすかさず、まるごと鶏一羽、石狩川ベーコンなどこだわりの素材をたっぷり入れたポトフを作る。合わせるワインは御奉行様曰く「セオリー通り、ブルゴーニュのボーヌ。あと、コートドニュイね」
ああ、人里離れた山の中で、こんなに本格的な料理を食べて良いのだろうか?
真っ暗闇の中で、手探りで料理の写真を撮ったので、少々ピンぼけになってしまったが、どうです、ゴージャスでしょう。ほんと、実に美味でした。

野外料理列伝のTOPに戻る

スポンサード・リンク