トレラン用のシューズ

 最初に購入したのは、モントレイルのシューズ。初めてトレラン用のシューズを履いて山道を走った時の感動は今も忘れません。シューズの性能の高さに驚きました。高いグリップ力とその走りやすさ。しばらくは何の不満もなく、これで神流マウンテンラン&ウォークのスーパーロングを完走しました。

 しかし。
ある1冊の本がきっかけで考え方が180度変わりました。「BORN TO RUN 走るために生まれた」。これには衝撃を受けました。内容も実に面白い。この本がきっかけとなり2足目のシューズからより裸足感覚に近いシューズとあいなったわけです。

2足目はニューバランスのミニマス。

 クッション性の高いシューズからベアフット系のより裸足に近い感覚のシューズに変えてからは、しばらく間、走っているそばから脚の筋肉が痛み出しました。今迄使っていなかった筋肉を使っているんだなという感じです。それでもそれほど苦痛ではなく、まあ、トレーニングで走る分にはさほど問題もありません。私の場合は脚が慣れるまでに3ヶ月以上かかったような気がします。

3足目もニューバランスのミニマス。

 詳しい方が見ればすぐわかるかも知れませんが、2足目もよりも前のモデルです。神流マウンテンラン&ウォークの会場で安く売っていたので購入した次第です。このモデルは私の様な甲高で幅広の足にはまったく合わず、最初のうちはずいぶんときつい思いをしましたが、それでも無理矢理はいていたのでシューズの方が伸びて広がってきてなんとか足にあってきました。トレイルでのグリップは期待できませんが、それなりに走ることができました。

4足目に購入したのがイノヴェイトinov-8ナチュラルラン。

 サイズはジャストフィットなのに、なぜか走る度に右足の親指の後ろの部分にマメができて困っていました。試しに中敷きをはずして走ってみたら原因が判明!なんと山道をがっちりグリップする強力なブロックが原因でした。赤印のブロックが着地した時にピンポイントで足の裏を突き上げる感じです。中敷きがあるとその感覚がわずかなので気づかなかったのですが、中敷きがないとそれが直接足裏に伝わってきます。
 今まで、左足はなんともなかったのに、中敷きなしだと左足まで同じ症状が出るんですね。走り終わってから早速カッターで問題のブロックを4,、5ミリ位削ってみたところようやくトラブルも解消しました。

 ごついソールは、たしかに山道でグリップ力を発揮してくれました。が、そのグリップに頼って、下りは大きなストライドになりがちで脚に負担がかかる走りになっていたようです。せっかくのエネルギーを無駄にしてしまう走り方で、これは次ぎに購入するファイブフィンガーズの履くようになって気づいたことでした。
 面白いシューズではありましたが、グリップの良さがそのままタイムアップに繋がるというとそうでもなく、やはり全体のバランスが大事ということを感じさせてくれた個性派シューズでした。

5足目はビブラムのファイブフィンガーズ。

 以前から非常に気になっていたビブラムのファイブフィンガーズが5足目のトレラン用シューズとなりました。

 このシューズには書きたいことが山ほどあり、続きはまた後で・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする