マメガタ峠 落沢ルート 前編

サイトマップ
西上州の峠のTOPに戻る

スポンサード・リンク

群馬県下仁田町【2007.04.28】

西上州の山でも比較的登山者の多い、四ッ又山と鹿岳。その間に位置するマメガタ峠。大久保集落側は、この2つの山のおかげで良く整備されているが、対照的に反対側(北側)は、歩く人もなく廃道化が進んでいる。
以前、この峠を大久保を起点に大天狗の鞍部から下郷、マメガタ峠へと周回を取ったことがある。その時、沢の分岐で落沢からの道を見たのだった。その時は、なぜか明瞭な道に見えた。その明瞭な道に期待は高まり「今度は落沢からマメガタ峠を越えよう」と、その機会を狙っていた。

私の手元にある国土地理院発行1/25000地形図「荒船山」(平成2年9月1日発行と昭和63年11月30日発行の2つ)には、この落沢ルートの記載がまだ残っている。が、地図からいつ消えても不思議ではない絶滅危惧種である。
いつもの峠越え仲間F田さんと2人、ゴールデンウィークの初日に落沢ルートを確かめに行った。はたして道は残っているかどうか。

起点は、下仁田道の駅。この界隈であれば、上信電鉄で輪行して帰りに東陽軒というパターンが定着化しつつある。しかし今回は時間を優先して車利用とした。スタート時間は、早い方が良い。

落沢の採石場 連休初日、爽やかな空気の中7時25分スタート。8時15分林道の終点、落沢の集落に着く。山奥の静かな集落を想像していたが、なんとそこには採石場があった。山が豪快に削られている。こんな状況の中、はたして峠道のとりつきを見つけられるのか。

丁度2週間前、この近くの黒滝峠にて山サイ研集中ランが行われた。この時、落沢からの道を辿っての集中をもくろんでいたのだか、単独では道を探すのに時間がかかり集中時刻に間に合わないと考え、このコースは断念した。その判断は正しかった。2週間前に単独で来ていたら、この時点で早々と引き返していただろう。
地形図を見つめ想像力を働かせて、F田さんと探しまわり、約30分後にとりつきを発見。地形図に記載されているルートは、必ずしも正確であるとは限らないが、この場合、ほぼ地形図の通り。もちろん現場は一部削られているが、採石場の東端より杉林の中に道が残っていた。

小さな乗越 8時42分アタック開始。未踏ルートに気合いが入る。こんな時は、不思議と肩に担いだ自転車の重さを感じない。それは身体の一部となるものだ。
杉林の中、消えそうな踏み跡を辿っていくと、じきに明るい雑木林になり小さな乗越に出る。標高570m付近。錆びたオイル缶があった。そこからは、はっきりとした道が沢沿いに下っている。10メートルは乗れる!

沢沿いの道を行くと、すぐに沢の出会いに出た。そこは小さな広場のようになっていて、空き缶や薬莢が散乱している。ここが最初の勝負所だ。地形図に記載されている道が正しければ、沢の出会いで南に向かっていた進路を西に90度変えることになる。
3つある沢のうち、向かって一番右の沢沿いに行くか?それともまだ直進して沢をつめるか?広場に自転車を置き、F田さんと手分けをして状況調査開始。 私は沢を南に直進してみる。すると杉林の中にきれいな一本道がある。高まる気持ちをおさえつつ進むと炭焼き跡があった。そこから先、道は不明瞭となり沢に消えてしまった。部分的に明瞭だったのは、炭焼のための道だったからか。

珍しい植物 途中に珍しい木を発見。心強いパートナーがいるおかげで、こんな写真を撮る気持ちの余裕もある。

協議の結果、ここから進路を西にとることにした。一番右の沢沿いに歩きやすそうな場所を選んで尾根まではい上がった。

実は、この時点で進路を西に取るのは少々早かった。 我々が広場と呼んだ所は地形図で599の記載がある付近だったのだ。ここは沢の出会いであり、その先の本来の進路変更地点も沢の出会い。地形が実によく似ている。この時点では、結果として地形図と照らして現在位置を読み切れなかった。冷静に読めば、599付近は等高線の幅が他より若干広いということが現場の状況を示唆してくれる。あるいは、高度計を使っていれば、判断も違っていただろうか?
もっとも、こんなことは後でゆっくりと状況を振り返りつつ地形図を見ているから言えることで、実際の現場ではかなり難しい状況であった。

尾根より鹿岳を望む とにもかくにも我々は尾根に出た。
尾根に出ると展望が開ける。展望が開けると初めて自分たちが、今どこにいるかがはっきりする。 我々の目の前には鹿岳が見えた。一瞬「あれっ、また予想外の展開になってしまったか」と思ったが、落ち着いて地形図を見ると、それ程はずしてはいないようだ。

尾根に出た途端に携帯電話が鳴った。今までずっと圏外だったのだが、尾根に出るとこんな所でも電波が入る。携帯電話からは、友人のM藤君の声。
「いよ〜、久しぶりぃ。今どこ?」
「今どこって・・こっちがききてーよ(爆笑)」
「はぁ・・?」
なんという絶妙なタイミングで電話をかけてくる男なのか。さすが我が友人。

尾根で一休みしながらザックの中からGPSを取り出しスイッチを入れる。おごそかに衛星の捕捉が始まりやがて緯度と経度を表示してくれる。北緯36度12分40秒、東経138度44分15秒。現在地のデータを鉛筆でメモする。帰宅後に実際に自分達がいた地点を地形図に落とし込んで検証するためだ。
現在位置が、たちどころにわかってしまうGPSは便利だ。だが、今回のようなコースでは使えない。尾根以外は、木々が邪魔をして衛星の捕捉は、ほとんど不可能。仮に使えたとしてもどうだろう?一番楽しいところでGPSを使ったら、楽しみが半減してしまうではないか。地形図を片手に現場をはいつくばってルートを探す旧道探索、これほど面白いゲームは、そうそうないのである。

尾根沿いに進むと右手に、杉林の中をトラバースする「いかにも」という雰囲気の小径が目に入る。尾根の反対側からも道が上ってきているようだ。もしかしたらこの道が旧道なのか。もしかしなくても、このような道は見逃せない。小径に吸い込まれるようにしばらく進むと、岩場の尾根にブロックされてしまった。立ち止まってこの付近の地形図を見ても、等高線はぐちゃぐちゃ。そこかしこで怪しそうな踏み跡が、現れては消える。F田さん曰く「相沢越よりも難しい」。いやはや難解なルートである。

鞍部手前岩場を回避して再び尾根に復帰すると木に赤いペンキの目印がある。それも数カ所。なんだか急ににぎやかになってきた。
そこからわずかに進むとなだらかな鞍部に出た。ここが690の鞍部のようだ。11時30分。完璧ではないが、存分に楽しませてもらった。眺めの良い南側の斜面に腰を下ろし、ひとまず乾杯。前半戦の検討を称え合いながら美味いビールを味わった。

後編へ続く。

西上州の峠のTOPに戻る

スポンサード・リンク