お正月里山ラン

サイトマップ
番外編のTOPに戻る

スポンサード・リンク

県内の里山【2005.01.03】

お正月には、西上州のシブ〜イ峠越えに出かけるのが通例ではあるが、今年の西上州の山々は暮れに降った雪がたっぷりと残っているようで、予定していた峠を越えるとなると自転車を担いでかなりのラッセルを強いられる模様である。
こんな時は、無理せずにたまには地元に目を向けて、のんびり里山ランを楽しもうということになった。
1月3日当日。天気は晴れ。おだやかなお日よりである。
宴会用品一式が詰まったザックを背負い、足下は雪を考慮してザンバランフジヤマという完全装備。 お気軽里山ランではあるけれど、格好はいつもの西上州のハードな峠越えの時とほとんどかわらない出で立ちで自宅を出発。西上州の山の中では、じつにぴったりの格好ではあるが、自宅近辺だとちょっとなあ・・・
目立たぬように(充分目立っている)そそくさと新年の初乗りにこぎだしたのだった。

メインルートから少し入ると車の交通量も極端に少なくなり、サイクリングには最適の道となる。 車で走っている時は気がつかないが、道ばたには道祖神がたくさんあるのだった。
この辺は細い道が錯綜していて、どこをどう通か悩むところ。まあ、どこをどう通ってもも良いのだが。 数ある枝道の中からおもしろそうな簡易舗装の細い道に入っていく。

懐かしい日本の風景小さな谷あいに田んぼがある懐かしい日本の風景。おそらくMTBが趣味でなければ、いくら地元とはいえ、こんな風景に遭遇する機会なんてないだろう。 「MTBやまみち入門」山と渓谷社 丹波隆志著1500円 にも、日本の里山はMTBに最適のフィールドであると書かれているが、まさにそんな言葉がぴったりとハマるシーンである。

道祖神立派な道祖神は、良く見ると道標の役目もしているようで、こっちは○○あっちは××と書いてあるようである。

藪こぎ里山ツーリングであっても、このようなやぶ漕ぎがあり、山岳サイクリングの気分をおおいに盛り上げてくれる。

西上州の山々を望む遠く西上州の山並を望む。年末年始に西上州に入っている人たちは今頃どこを走っていることか。そういえばS庄さんは「栂峠を超えて上野村に入る」と(メールで)言っていた。栂峠あたりもかなりの雪であろう。後日談が楽しみである。

シングルトラック県道、農道、簡易鋪装の小径をつないで、シングルトラックをはしごをする。距離は短いが雰囲気は良いし路面状況も良好。
こんな美しい落ち葉の小径があるとついこのような写真を撮ってしまうのである。
道探しあり、宴会あり、担ぎ上げあり、やぶ漕ぎあり、もちろん楽しい楽しいシングルトラックの上り下りありと、お手軽ながらも山岳サイクリングのフルコースを堪能した1日であった。

番外編のTOPに戻る

スポンサード・リンク