やまみちアドベンチャー

サイトマップ
西上州の峠のTOPに戻る

スポンサード・リンク

群馬県多野郡上野村 and 旧中里村 【2002.11.23-24】

丹羽隆志さんがガイドする人気ツアー「山みちアドベンチャー」の上野村・むかし道ツアーも今回で3回目(やまみちアドベンチャーとしては2回目)。いつものようにスタッフとして後方支援担当で参加させていただきました。

コースは例年通り、上野村周辺と旧中里村の杖植峠周辺のむかし道。いつも思うのですが「このコースはその地域に精通したガイドがいないとなかなか行けない場所」なので、そう言った意味でも非常にツアーとしての価値が高いコースと言えます。

たしかに昔は道があって人々が馬の背に荷物を乗せて行き来してしていましたが、今はその役目を終えて自然の中に埋もれ、かすかにその面影を残す程度です。当然、どこの地図にも載っていませんし、ましてやガイドブックでの紹介など皆無。 このような道ですから、ルートファインディングの技術はもちろん、ルート周辺の情報収集が必須となります。
今回のツアーでも、知らずに別の道にすい込まれて行きそうになる参加者を正規のルートに引き戻したり、難所でMTBの担ぎ上げに手をさしのべたり、その他諸々あんなコトこんなコト、実にサポートのしがいがありました。

参加者の方々から「きゃー、乗車率サイテー」「なんてシブいコースなんだ・・・」なんて声を聞くとうれしくて思わずニタニタしてしまいました。 このような声は西上州を愛する私にとって最高のほめ言葉です。

フルサスのマシンでスピードを出して走るのもそれはそれで楽しいかも知れませんが、昔の道に思いをはせながら、乗れない所は無理に乗らずに、乗れる所もそれなりにのんびり走る。 このコースに代表される西上州界隈は、ツアーガイド役の鈴木さんが提唱する「スローライド」がとてもよく似合うコースであり、ツアー参加のみなさんもそんなスローライドの楽しさを堪能していただけたのではないかと思います。

あっ、そうそう、このコースには実にいい顔をしたお地蔵さんが点在していたのですが、ツアー参加の皆さん、お気づきになったでしょうか?もし気づかないで通りすぎてしまったら次回はもう少しゆっくり走ってお地蔵さんを見つけてください。
お地蔵さんにお会いしたらMTBを止めて挨拶をするというのが正しい西上州の走り方であり、その際はきっと御利益があることでしょう。

心配されていた天候もなんと初日は晴れ。他の地域は雨模様だったようですが、むりやり上野村地方だけ晴天にしてしまうとは・・・いやはや、なんと言うか、晴れ男・晴れ女の底力。 晴天の中、後方支援に集中しすっかり写真撮影をさぼりデジカメをザックに入れっぱなしでした。そんなわけで写真はすべて2日目の杖植峠から南小太郎山周辺のものです。2日目は曇天でしたが、降りそうで降らないところがこれまたすごい。 霧の中でいつもと違った幻想的な雰囲気でした。

むかし道むかし道むかし道

むかし道むかし道むかし道

ツアー終了後はいつものようにバーベキュー。そしてもうひとつのお楽しみが「やまねこ亭上野村出張所」。今回は珍しい四万十川産の紅茶を入れてくれました。 ごちそうさまでした。

西上州の峠のTOPに戻る

スポンサード・リンク