栗木平から赤久縄山-杖植峠から持倉へ 前編

サイトマップ
西上州の峠のTOPに戻る

スポンサード・リンク

群馬県多野郡神流町(旧万場町)栗木平---持倉【2001.04.28】

杖植峠と持倉を結ぶ道は、MTBツーリングガイドブック「杖植峠」のページにバリエーションルートとして紹介されている。歩く人も少なく、ルートが不明確なコースである。
こんな所に、何の下調べもせずにいきなり行っても右往左往してあえなく撤退ということになりかねないので、事前にこの付近のコースを熟知している篤志家の方々から生情報を集め、さらに杖植峠側と持倉側からの事前調査を経て、今回の山岳ツーリングに至るのであった。

ちなみに昭和48年測量・昭和59年修正測量の1/25,000地形図「神ヶ原」には、持倉から杖植峠までのルートの記載がある。あるにはあるが、峠付近の記載は実際の道とは異なっている。その後発行された昭和48年測量・平成8年修正測量の地形図では、このルートの記載は消えてしまった。それでも昭文社発行の山と高原地図「西上州」2005年度版では、あの目立たない点線(登山コースでない小道)で正確に記載されている。ついでに「道不詳」という赤い文字も一緒に記載されている。

MTBツーリングガイドブックには、中里村の持倉側から担ぎ上げて、杖植峠を越えて下仁田町へと降りる内容で紹介されている。しかし、事前情報では、下仁田側よりも、持倉側の方がMTBに乗れる確率、いわゆる乗車率が高いということだ。下仁田側には、過去何回も下っているので、ここはやはり持倉側へ下りたい。
あれこれ考えた末に、赤久縄山への登頂ルートのひとつ、栗木平から延びている、送電線巡視路を担ぎ上げて、持倉に下る周回コースをとることにした。

地蔵峠への道栗木平の登山口には、このような立派な「ご案内看板」がある。しかし、このようなものはあまり信用してはいけない。足尾山塊の庚申山では、この案内看板の現在地がまちがっていたがために、けっこう大変な思いをしたのだ。
やはり地形図とコースガイドなどで自ら集めた情報にまさるものはないのである。

地蔵峠への道赤久縄山は西上州の山でも、かなりポピュラーな山なので、このコースも登山者によく歩かれているようだ。道標もしっかりを設置されている。
山岳サイクリングの業界において「送電線巡視路」は、要チェックである。送電線を巡視するための道だから、それなりに整備されていて、MTBに乗れる確率も高い。今回、ここを周回コースに選んだのも新規開拓を兼ねてのことだ。

実際に、歩いてみると登山では大変良いコースであるが、ここをMTBで下ってくるのは、ちと辛いものがありそうだ。残念。
1時間以上の担ぎ上げになるので、いつものようにMTBをばらして、ホイール2本をザックにくくりつけ、身軽になったフレームを担ぐようにする。やはり長時間の担ぎ上げはこのスタイルに限る。

(2006年1月追記:まだ経験が浅かった頃は、このように長時間の担ぎの時は、MTBのホイールをはずしてザックにくくりつけておりましたが、現在は長時間の担ぎでもMTBをばらさず普通に担ぐようになりました。慣れれば直接トップチューブやシートチューブが肩にあたっても全く平気になるものです。この業界では右肩に担ぎダコができるようになれば一人前と言われております)

地蔵峠への道1時間以上かかってようやく御荷鉾スーパー林道に出る。そこから少し走って、再び登山道へ。ここからはわずかな時間で赤久縄山々頂に着く。写真は山頂近くの道。緩い尾根づたいの小径で、じつに雰囲気が良い。

山頂での休息もそこそこに、西側に延びる登山道をMTBで軽快にくだり、再び御荷鉾スーパー林道に出る。ここから杖植峠までは、しばらく林道を西に走る。
杖植峠で早く冷たいビールを飲みたい一心で、ペダルにも力が入る。ここの部分だけを読むと杖植峠には茶店があり、冷えたビールが置いてあるように思えるが、当然そんなものはなく、冷たいビールは大切に大切に我がザックに保管されている。

地蔵峠への道杖植峠に着く前に、林道を走っていたらこのような道標が林道脇にあった。
ここも杖植峠というのだろうか?(※すみません、写真だと肝心の部分が読めませんね。でもしっかりと「杖植峠」と書いてあるんですヨ)
「新」杖植峠と「旧」杖植峠があるとも思えないし、少なくとも、昔からの杖植峠は、ここからさらに先にある。
MTBツーリングガイドを読んで、杖植峠の下りを楽しもうとした人が、これを見たら間違いの元だ。地形図や山と高原の地図を見ても、杖植峠はこの場所ではない。この道標をみて、ココが杖植峠と思ってしまうと現在位置がまるで違ってきてしまう。

後編

スポンサード・リンク